母笑顔

11月3日は文化の日ですが、晴れの特異日とも言われているんですよね。

晴れの特異日というと、私はつい良く晴れた日をイメージしてしまうのですが、実は晴れ特異日=必ず晴れる日または高確率で晴れになる日ではないんですね。

どういうことなのでしょうか?
また、晴れの特異日はいつなのか? 気象庁の過去のデータも参考にしながら、ご紹介していきますね!

スポンサーリンク




快晴の空と一筋伸びた飛行機雲

晴れの特異日とは、その前後の日と比べて高確率で晴れる日のことを言います。

ただ単に晴れ(雲の量が8割以下の状態)が多い日のことではありません。晴れが多い季節で、毎年高確率で晴れる日というのもありますが、それは「特異日」ではないのです。

あくまでも、前後の天気が曇りや雨、雪のことも多いのに、その日だけ何故か晴れる割合が多い!という日を「晴れの特異日」といいます。

母にっこり

晴れ以外にも、気象の特異日には、
● 花冷えの特異日
● 雨の特異日
● 猛暑の特異日
● 台風の特異日

等があります。

晴れの特異日はいつ?

1月
16日
2月
なし
3月
14日
4月
なし
5月
なし
6月
1日
7月
なし
8月
なし
9月
なし
10月
なし
11月
3日
12月
なし
晴れの特異日と言われているのは年に4日(1月16日、3月14日、6月1日、11月3日)しかありませんでした。
この4日を、気象庁の過去データで調べていきますね。

過去10年(2010~2020年)の気象庁のデータをチェック

使用したのは東京のデータです。
過去の気象データ検索の『日ごとの値』で調べました。

● 快晴
● 晴れ
● 晴れ時々曇り
● 晴れ一時曇り

これらを晴れとしてカウント。

気象庁の天気概況は昼(6:00-18:00)と夜(18:00-6:00)に分かれているのですが、このうちの昼を参考にしています。

1月16日
晴れ:7回
3月14日
晴れ:4回
6月1日
晴れ:3回
11月3日
晴れ:5回
母あわわ

思っていたより晴れが少ない!

予想外に少なかったので、
● 晴れ後曇り
● 曇り後晴れ
● 曇り時々晴れ
● 曇り一時晴れ

こちらを晴れに含めて数え直してみると、1月16日は10回、3月14日は4回、6月1日は5回、11月3日は7回となりました。
少し増えましたが…
晴れの特異日といえども、やはり、一概に晴れるとは言い切れないのですね。

2021年の晴れの特異日は…

2021晴れの特異日の天気はどうだったのでしょうか。
1月16日
晴れ(昼)
3月14日
快晴(昼)
6月1日
晴れ時々曇(昼)
11月3日
晴れ時々曇(昼)
2021年の晴れの特異日は、晴れが多かったんですね。
せっかく晴れが続いているので、11月3日文化の日もぜひ、晴れて欲しいです。

母笑顔

※追記
11月3日晴れましたね!
関東圏在住ですが、まさに秋晴れ!という爽やかな天気でした。

1年で一番晴れる確率が高い日は?

ペンと計算機とグラフ晴れの特異日等は関係なしに、とにかく晴れる確率の高い日があります。
(晴れの多い季節のため、どんなに高確率で晴れでも『特異日』とはされていない)

気象庁のデータをまとめた天気出現率(1991年~2020年東京都の統計)を見てみると、晴れの確率が90%越えの日がありました。

母笑顔

1月3日と12月24日の2日です!
なんとクリスマスイブ!

東京ではクリスマスイブ以降~年末年始は晴れる日がとても多く、約30年間の統計で晴れた日数は80%を超えています。

12月24日~1月3日までで80%を切るのは1日だけ、その日ですら73%が晴れの日なので、この時期の晴れは驚異的な確率ですね。

スポンサーリンク




後記

まとめ

晴れの特異日は、
● 1月16日、3月14日、6月1日、11月3日
● 『その前後の日に比べて』晴れる確率が高い日
● どんなに晴れる確率の高い日があっても、その前後も晴れが多い場合は『特異日』にはならない

いかがでしたか?
晴れの特異日=晴れる確率が高い日ではなく、実際に気象庁の過去のデータによって、少なくとも過去10年間は晴れの日が多いわけではない事がわかりましたね。

母笑顔

ただ今年は、年に4日の晴れの特異日のうち3日が晴れています。
せっかくなので最後の1日もぜひ晴れて欲しいですね!

スポンサーリンク